低分子 バイオアナリシス

医薬品候補化合物を探す際には、DMPK コミュニティーから得られる知見と専門知識に精通することが重要です。これらの情報から、薬効のある低分子のより効率的な定量が可能となります。

最新情報を受け取るための登録はこちら

マイクロフロー LC/MS に関する 10 個の誤解

マイクロフロー LC/MS については色々と耳にしているでしょう。切り替えることに対して慎重になっていませんか?分析法開発に関する質問や懸念がまだありますか?ここでは、私たちが見聞した 10 個の誤解と課題を検討していきます。このプレゼンテーションをお聴きになった皆さまが、マイクロフロー LC/MS をご自分のワークフローに適合させるイメージを得て、それに基づく判断を下せるようになることが我々の願いです。

マイクロフロー LC/MS の汎用性 – ionKey/MS で高感度アプリケーションをルーチン化

高感度で堅牢なマイクロフロー LC/MS アプリケーションに対するニーズに応えて発売された一体型マイクロフロータイルを用いる ionKey/MS™ プラットホームが、ルーチン分析システムとして進化を続けています。ionKey/MSは新たなアプリケーション領域での活用を目的として進化の勢いを増し、より機能性と柔軟性の高いシステムとなりました。新たな対象領域には、インタクトおよび消化されたモノクローナル抗体、サイログロブリン、口腔液中のオピオイド、エストラジオール、およびステロイドの定量などがあります。

マイクロフロー LC/MS に関するピアレビュー済み文献
8月 2017

以下は、Waters® ionKey/MS™ を用いたマイクロフロー LC/MS ベースの査読済み学術論文の概要です。各論文は、最先端を行く研究者やウォーターズの研究者により執筆されました。これらの論文では、治療用の低分子および高分子、バイオマーカー、サプリメント、および食品などさまざまな目的分析種が取り上げられています。

マイクロフロー LC/MS に関するピアレビュー済み文献
8月 2017

以下は、Waters® ionKey/MS™ を用いたマイクロフロー LC/MS ベースの査読済み学術論文の概要です。各論文は、最先端を行く研究者やウォーターズの研究者により執筆されました。これらの論文では、治療用の低分子および高分子、バイオマーカー、サプリメント、および食品などさまざまな目的分析種が取り上げられています。

薬剤代謝および薬物動態のためのイオンモビリティーと組み合わせたデータディペンデントおよびデータインディペンデント取得法

このポスターは、ミシガン州で 5 月 4 日~5 日に開催された第 12 回 Annual Great Lakes DMDG meetingで発表されました。

薬剤代謝および薬物動態のためのイオンモビリティーと組み合わせたデータディペンデントおよびデータインディペンデント取得法

このポスターは、ミシガン州で 5 月 4 日~5 日に開催された第 12 回 Annual Great Lakes DMDG meetingで発表されました。

治療用モノクローナル抗体における宿主細胞タンパク質定量のための HS-MRM アッセイ

このポスターは、インディアナ州インディアナポリスで 6 月 4 日~8 日に開催された第 65 回 ASMSカンファレンスで発表されました。

ヒト血漿中プロピオン酸フルカチゾンの分析のための高感度マイクロフロー LC/MS/MS 法

このポスターは、インディアナ州インディアナポリスで 6 月 4 日~8 日に開催された第 65 回 ASMSカンファレンスで発表されました。

ハイスループットマイクロフロー LC-MS:実践的なタイムスケールでの感度の向上

マイクロフロー LC/MS 使用時における感度の向上が、必ずしもハイスループットラボにおける毎日のワークフローでのメリットとなるわけではありません。UPLC と比較すると、マイクロフロースケールでは一般的に測定時間が長く、感度が向上しますが、サンプルスループットは低下します。3 分未満の測定時間で高い感度を実現するには、UPLC のタイムスケール(3 分未満)で機能するマイクロフローデバイスを開発する必要があります。

このホワイトペーパーでは、従来の UPLC システムと比べて高い感度を実現しながら、3 分未満の測定時間でより高い圧力と流量に対応できる新しいマイクロフローデバイスをご紹介します。

Xevo G2-S QTof と UNIFI ソフトウェアを使用した、代謝物同定の最も低い検出レベルでの最高品質データの取得

網羅的な検出、信頼性の高い同定、医薬品代謝サンプルの完全な特性評価は、HRMS QTof テクノロジー、UPLC
、最新のな情報科学システムを用いて実現されます。

  •  
  • 全 3 ページ中 1 ページ目
  • 次 ›