バイオアナリシスの達人になる
ための 7 つの方法

最新情報を受け取るための登録はこちら

高分子医薬品の需要が高まることは、ペプチド定量の役割を担っているバイオアナリストにとって、課題が追加されることを意味します。高い分析感度を必要とするバイオアナリシスにおいては、ますます複雑な分子やマトリックスにより、次のような多数の問題が生じます。:内因性ペプチドやタンパク質による干渉、サンプル調製中の分析化合物の損失の可能性、質量分析シグナルの低下。ペプチドおよびタンパク質のバイオアナリシスでの深い専門知識をもって、ウォーターズは、お客様が低分子の熟練者から高分子の達人に成長するために役立つ、実践的なプログラムを開発しました。

これからの数週間、ウォーターズは、お客様がご自身の高分子スキルに磨きをかけるために役立つ関連内容を説明する、7 つのトピックをご紹介します。

*それぞれのビデオの字幕は言語、文字設定の変更が可能です。
ビデオ画面の右下、右から2番目のアイコンをクリックし、言語選択をします。文字設定は、「Subtitles Settings」を選択し、
お好みのフォント、サイズ、文字色、文字背景に変更します。「Subtitles Off」より字幕の非表示も可能です。

シグネチャーペプチドの同定 [20:44]

この短いビデオでは、ケーススタディとしてインフリキシマブを用いて、シグネチャーペプチドの同定プロセスを紹介しています。

サロゲートペプチドワークフローの簡素化に問題を抱えていませんか? この アプリケーションノート は、mAb のバイオアナリシス用の標準化されたキットベースのアプローチについて説明しています。

/ja/ninja/signature-peptide-identification

適切な消化方法 [19:10]

この短いビデオでは、化学製品マネージャーの Steven Calciano がタンパク質レベルのクリーンアップと消化の方法について詳しく説明します。

クリーンアップメソッドの違いによってパフォーマンスにどのような影響があるのでしょう? この アプリケーションノート は、血清または血漿中のアダリムマブの LC-MS/MS 定量について説明しています。

/ja/ninja/right-digestion-strategies

MRM の最適化 [8:20]

アプリケーションサイエンティストの Paula Orens が、ケーススタディとしてインフリキシマブを用いて、Skyline オープンソースソフトウェアと組み合わせたウォーターズのインフォマティクスシステムが、どのようにして MRM メソッド開発を簡素化できるかについて紹介しています。

以下のアプリケーションノートをご覧ください。
Skyline および TQ-XS を用いたペプチド最適化

/ja/ninja/optimizing-mrm

生体マトリックス中の高分子の定量 [17:35]

この短いビデオでは、高分子バイオアナリシスに関して、タンデム四重極 MS と HRMS の原理を対比して紹介しています。

この 新しいアプリケーションノート は、タンデム四重極 MS を使用した、ヒト血漿中のアダリムマブの高感度検出について説明しています。

新しい技術進歩により、HRMS の定量性能がトリプル四重極と同等になっていることをご存知でしたか?
ウォーターズの新しい アプリケーションノート では、この 2 つのプラットホームの性能が比較されています。

/ja/ninja/quantifying-large-molecules-bio-matrix

自動サンプル調製のメリットとは? [1:44]

この 新しいテクノロジーブリーフ で、Senior Scientist である Mary Lame は、サンプル調製、
消化、ペプチド精製が完全に自動化されたキットベースのソリューションを用いた、
正確で再現性の高いタンパク質定量の実例を紹介しています。

ウォーターズの自動化ソリューションを紹介するこのビデオもぜひご覧ください。

/ja/ninja/what-can-automated-sample-prep-do-you

タンパク質消化それともインタクト定量? [5:45]

GlaxoSmithKline の Dr. John Kellie が執筆した記事 「定量バイオアナリシスにおける MS によるインタクトバイオ医薬品のデータ解析および分析のベストプラクティスに向けて」 で、このテーマについての最新情報をご覧ください。

VBioanalysis Zone とのビデオインタビューで、Dr. John Kellie は彼が 日常的にあるいはそれ以外でも用いているテクノロジーについて、詳しく説明しています。

高分解能 MS を使用したモノクローナル抗体の定量についての テクノロジーブリーフ は、こちらからダウンロードできます。

/ja/ninja/protein-digestion-or-intact-quan

バイオアナリシスのためのマイクロフロー

新しい研究 では、インスリンのバイオアナリシスの 3 つの分析法と、分析スピードと感度の調整に焦点を当てています。

インスリンのバイオアナリシスの 3 つの分析法と、分析スピードと感度の調整に焦点を当てています。

Pfizer による、GLP-1 治療薬の完全にバリデーション済みの バイオアナリシス試験

/ja/ninja/microflow-bioanalysis