高分子 バイオアナリシス

ペプチドおよびタンパク質は低分子ではありません。ここに「高分子」の考え方を示します。

最新情報を受け取るための登録はこちら

Click to Watch Our Peptide Bioanalysis Sample Prep Videos

血清中インタクトインスリン様成長因子 I (IGF-I)の LC-MS/MS定量

ここでは、シンプルかつ費用対効果の高いサンプル調製ワークフローと LC-MS/MS 法に関する新しい研究をご紹介します。この方法では、インタクト IGF-I の正確かつ堅牢な定量のために、96 ウェルフォーマットのミックスモード固相抽出(SPE)と高性能タンデム四重極 TQ-XS を接続した分析スケール LC(粒子径2 μm 以下のカラム)が使用されており、5 ng/mL という LLOQ が達成されています。

ペプチド代謝の評価のための UNIFI 科学情報システムを用いたバイオ医薬品システムソリューション

このホワイトペーパーでは、ペプチド代謝の専用ワークフローによる特性解析に向けたウォーターズのバイオ医薬品ペプチドマッピングソリューションの使用を検討します。

ペプチド代謝の評価のための UNIFI 科学情報システムを用いたバイオ医薬品システムソリューション

このホワイトペーパーでは、ペプチド代謝の専用ワークフローによる特性解析に向けたウォーターズのバイオ医薬品ペプチドマッピングソリューションの使用を検討します。

ionKey/MS システムを用いたヒトインスリンおよび関連バイオ医薬品アナログの解析スループットの改善

ここでは、治療用インスリンと 5 種類のアナログの高感度かつ正確な定量を行うために、タンデム四重極型質量分析計と堅牢かつハイスループットな 300 μm I.D. iKey HT分離デバイスとを組み合わせた高効率の新しい ionKey/MS システムを取り上げています。

LC-MS/MS による複雑な生体サンプル中のタンパク質の定量

このミニWebinarでは、バイオ医薬品、バイオマーカー、およびターゲットプロテオミクスに焦点を合わせた、定量的タンパク質バイオアナリシスのためのさまざまな LC-MS/MS アプローチをご覧いただけます。最近まで、血漿や血清など複雑な生体マトリックス中のタンパク質を定量する唯一の方法は、ELISA フォーマットを中心とした、抗体または抗体様の親和性リガンドを用いるリガンドバインディングアッセイでした。LC-MS/MS が開発されたことで、低濃度レベルにおける選択反応モニタリング(MRM)によるタンパク質の定量の可能性が開かれ、リガンドバインディングアッセイの実現性のある代替手段となりました。ここでは、タンパク質定量のバイオアナリシスに役立つ装置であるタンデム四重極型質量分析計の使用についてご紹介します。

マイクロフロー LC/MS に関する 10 個の誤解

マイクロフロー LC/MS については色々と耳にしているでしょう。切り替えることに対して慎重になっていませんか?分析法開発に関する質問や懸念がまだありますか?ここでは、私たちが見聞した 10 個の誤解と課題を検討していきます。このプレゼンテーションをお聴きになった皆さまが、マイクロフロー LC/MS をご自分のワークフローに適合させるイメージを得て、それに基づく判断を下せるようになることが我々の願いです。

高分子用マイクロフロー技術:治療用ペプチド定量へのマイクロフロー LC/MS の利用

このWebinarでは、Merck Research Laboratories における治療用ペプチドの定量のためのマイクロフロー LC/MS の利用を概説します。ペプチド分析のための LC-MS の使用の概要を、創薬段階(規制なし)の医薬品研究環境におけるさまざまな薬物代謝および薬物動態の特性解析に焦点を当てた in vitro 研究および in vivo 研究のケーススタディと併せてご紹介します。

タンパク質定量ワークフローの簡略化

重要なタンパク質サンプルの傾向を定量するのに適した方法を選択することは、熟練した研究者にとっても困難な課題です。この GEN Webinarでは、タンパク質定量に LC-MS アプローチを使用する場合によく遭遇する問題を克服する手掛かりをご提供します。また、各研究者の科学的目標の促進および達成のために対処が必要な基本的アッセイパラメーターについても概説します。

マイクロフロー LC/MS の汎用性 – ionKey/MS で高感度アプリケーションをルーチン化

高感度で堅牢なマイクロフロー LC/MS アプリケーションに対するニーズに応えて発売された一体型マイクロフロータイルを用いる ionKey/MS™ プラットホームが、ルーチン分析のために実装できるシステムとして進化を続けています。ionKey/MS™ は新たなアプリケーション領域での活用を目的として進化の勢いを増し、より機能性と柔軟性の高いシステムとなりました。新たな対象領域には、インタクトおよび消化されたモノクローナル抗体、サイログロブリン、口腔液中のオピオイド、エストラジオール、およびステロイドの定量などがあります。

ProteinWorks の紹介 - 高性能タンパク質定量ワークフローの標準化

このウェブキャストでは、LC-MS/MS タンパク質定量ワークフローの簡略化、効率化、および標準化のために開発された一連のサンプル調製キットで構成される ProteinWorks を取り上げます。実施例として、インフリキシマブ、アダリムマブ、トラスツズマブ、ベバシズマブ、および抗体薬物複合体(ADC) T-DM1 の総定量に関するデータをご紹介します。これらの一般的でありながら完全に最適化されたキットおよびプロトコールにより、経験の有無にかかわらずあらゆる研究者が堅牢なタンパク質定量を簡単かつルーチンで実施することができるようになります。

  •  
  • 全 4 ページ中 1 ページ目
  • 次 ›